Knowledge

マメ知識


2018.12.28

ドレスとのバランスが重要! ウェディングベールの種類と選び方

花嫁衣装と聞いてまず思い浮かぶものといえば、ウェディングドレスですよね。
純白の素敵なウェディングドレスは、女性がもつ本来の魅力をグッと引き出し、花嫁をより美しく際立たせてくれます。
そんなウェディングドレス姿をよりキレイに仕上げるためには、ドレスに合ったブーケやグローブ、靴などの小物たちが欠かせません。中でも、とくに花嫁姿の印象を左右する「ウェディングベール」はとても大きなポイントに。
今回は、花嫁をさらに美しく輝かせるウェディングベールの種類や選び方をご紹介いたします。

 

 

ウェディングベールの種類って?

ウェディングベールといえば、繊細なレースでできたものを想像すると思いますが、実はとてもたくさんの種類があることをご存知でしょうか。
デザインや長さのバリエーションがとても多く、ドレス選びと同じくらいに迷ってしまうのがベール選びなのです。花嫁姿全体の印象を大きく左右するので、慎重に選びましょう。
まずは、長さ別のベールの種類をご紹介いたします。

 

  • キュートな愛され花嫁に「ショートベール」

 

肘あたりまで隠れるほどの短めなショートベールは、女性の可愛らしさを際立たせます。
頭部をスッキリとまとめられるので、スタイルアップさせて見せたいときにもオススメです。どんなドレスにも似合うので、スタイルを選ばないのも嬉しいポイント。
とくに、キュートな可愛らしい花嫁姿を理想とする方にはオススメのベールです。

 

  • オシャレなスタイリッシュ花嫁に「ミドルベール」

 

お尻のあたりくらいまでの長さのミドルベールは、個性的なオシャレ感を求める方にピッタリです。ファッション性もありモダンな雰囲気をまといながらも、上品な女性らしさが演出されます。また、バックスタイルにポイントが置かれたドレスとの相性もバッチリ。
花嫁姿によりこだわりのあるオシャレさんにオススメのベールです。

 

  • 不動の人気を誇る王道タイプ「ロングベール」

 

ドレスの裾よりも長く、床に引きずるほどの長さがあるロングベールは多くの花嫁から高い支持を受けています。王道の花嫁スタイルを叶えることができ、そのゴージャス感はやはりナンバーワン。360度どの角度から見ても完璧な花嫁姿を演出してくれます。
正統派の花嫁姿にしたいという方に最適なベールです。

 

ベールは長さ以外にも「マリアベール」や「カッパベール」「バルーンベール」「ビーディングベール」などのデザインもたくさんあります。
それぞれベールにほどこされた装飾によって名前が異なり、その見た目もさまざま。ベールにも重きをおいて、デザイン性の高いものにしたいという場合には、このようなデザイン性が高いベールがオススメです。

 

 

ウェディングベールの上手な選び方って?

ベールを選ぶときには、はじめに「コレがいい!」と1つや2つだけに絞り過ぎないことが大切です。「絶対にロングベールがいい」と決めて、さまざまなデザインを試しても、顔の輪郭やドレスのライン的にはショートベールのほうが素敵に見えることもあります。
まずは全てのタイプを試してみて、より自分に似合うものを探してからディティールにこだわるようにすると安心です。

 

さらに、結婚式を挙げる会場にあわせた選び方をすることも大切なポイントの1つ。
教会やチャペルには、クラシカルなロングベールが映えます。
一方、ガーデンウェディングの場合には風の影響でベールの揺れが気になることもあるので、ショートベールをチョイスして身に着けやすさを重視することもオススメです。

 

また、花嫁はゲストからの注目を一気に集めますが、実は後姿のほうが見られているもの。
前からの見え方だけでなく、後ろから見られたときにどう見えるのかということに気をつけて、バックスタイルにまでしっかりこだわりを持ちましょう。

 

 

花嫁を華やかに見せてくれるウェディングベール。一緒に使うヘア小物や、ヘアスタイルによってもその印象は大きく変わります。
一生に一度のウェディングドレス姿に後悔することのないよう、しっかりと試着を重ねて最高の1つを選びましょう。
世界で1番輝く素敵な花嫁姿を実現させてくださいね。


CONTACT

お問い合わせ


0120-33-3615

新規来店予約窓口
(受付時間:11:00~19:00)